3日目 後半

午後にはTaman Buahan Tropical Fruit Garden へ。

レジャー施設やサイクリングロードも併設された、天然の熱帯雨林と果樹園を園内バスと徒歩で見学しました。

 

 

 

 

ジャングルエリアでは、道を覆う大樹の上を野生の猿が走り回っていたり、手の平ほどの大きさのセミの鳴き声が聞こえていたりしました。

 

 

 

 

果樹園ではドリアンの木、パンの木、スタートフルーツの木を始めとした様々な果樹を見学しました。道中でプラサン、ランブータン、マンゴスチンの果実を実食し、その甘みと果汁の多さ、トロピカルフルーツ独特の風味に皆が舌鼓をうっていました。

最後にはガイドさんから森との共生、生態系を保持することの重要性などについての話を聞いて終了しました。

その後、スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク(通称ブルーモスク)に向かいました。お祈りの時間と重なってしまったために内部までは見られませんでしたが、マレーシア最大のモスクの威容とその美しい外観に皆興味深げな様子でした。

I

カテゴリー: 2018 マレーシア研修   パーマリンク

コメントは受け付けていません。