2日目 後半

FRIM (Forest Research Institute Malaysia) へ行ってきました。100年近い歴史を持つ世界最大の人工森林で、マレーシアの熱帯雨林独特の植物を多く見ることができました。

特に下の写真のクラウンシャイネスという現象は世界でも珍しいもので、未だ原因がよくわかっていないということでした。生徒達もこの貴重な光景をしきりに写真におさめていました。

その後はバツー洞窟へ。かつてイギリスの植民地だった頃に発見されたというかなり大きな洞窟でした。野生の猿がそこら中に居り、生徒達は手荷物を警戒しながらも300段近い階段を往復して来ました。
学習としては、ヒンズー教徒の価値観やひとの社会に近付いている猿の行動や洞窟表面に見える層理構造などを実際に目にすることができました。

カテゴリー: 2018 マレーシア研修   パーマリンク

コメントは受け付けていません。