国際理解シンポジウム(マレーシア/ザンビアの経験から)

11月10日(月) 国際理解シンポジウムを開催しました。海外青年協力隊員として活躍された二人の講師の先生から,グローバル社会の中での私たちの生き方や役割について,多くの示唆をいただきました。大内克彦先生はザンビアで数学教師として,光島宏美先生はマレーシアボルネオ島で障害者支援に活躍をされていました。シンポジウムの進行はすべてを生徒が担当し,生徒の座席も工夫してくれました。質問が多く出たために討論までできませんでしたが,終了後,5名の生徒が講師の先生の控室を尋ねてきて,海外で活躍するためには今後どうすればよいかなどについて,アドバイスをもらっていました。大内先生,光島先生,JICA国際協力推進員の大井先生,貴重な助言をありがとうございました。
20141110_21 20141110_22 20141110_23
20141110_24 20141110_25 20141110_26

カテゴリー: 平成26年度~平成28年度   パーマリンク

コメントは受け付けていません。