校長挨拶

ご挨拶
 岡山一宮高等学校は、昭和55年4月に岡山市内の普通科総合選抜校として開校し、平成11年には理数科を設置、今年で創立39年目を迎えました。本校を巣立った生徒は14,202名となり、国内外で活躍しています。諸先輩は、自分の可能性を信じ、困難にも挑戦する「フロンティア精神」を合い言葉に不断の努力を続け、活気に溢れる素晴らしい学校を創り上げてきました。
 今日、生徒たちは「自主自立」「文武不岐」の校風を大切にし、勉強のみならず、部活動、生徒会活動、社会貢献活動や学校行事を通じて将来の選択肢を広げています。本校の目指す生徒像は「高い志を持って仲間とともに学びあい、未来を切り拓く生徒」であり、教職員は生徒の学力向上と進路実現、自己肯定感の高揚を図り手厚く支援しています。

 平成26年度から研究指定を受けたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)V期目の事業も最終年度を迎えました。将来、生徒たちがどんな専門分野に進んでも、文系・理系を問わず他分野の人たちと協働して科学技術イノベーション(新たな価値の創造や変革)を起こせるように、高大接続の視点から、その基礎となる8つの力(「オクト-スキルズ」)を高校で伸ばす指導方法(岡山一宮メソッド)を研究開発しています。
 科学英語発表力を生かした海外研修、外国の高校生との交流事業を行っており、理数科全員が所属する科学部は小中学生向けボランティアでSSHの成果普及に努めています。大学教員等による指導講評と助言など、理数科で培ってきた指導方法や支援体制を普通科の課題研究にも取り入れており、生徒の課題設定力や分析・考察力、プレゼン力の育成を図っています。

 今春、卒業した第36期生もAO・推薦入試で国公立大学へ進学する生徒が多く、課題研究を中心に生徒がSSHに取り組んだこと、身に付けた力が評価されています。今後、大学入試改革が進み、より多面的な学力が評価される中で、本校の強みを生かした学力向上と進路指導に力を入れていきます。
 また、全体の底上げだけでなく、「出る杭」を伸ばすことで科学技術イノベーションの中核を担う理工系人材を輩出することは本校理数科の使命です。大学等で最新の研究に従事している卒業生ネットワークの協力を得ながら、人材育成とキャリア教育を推進したいと考えています。
 SSH校ならではの施設や設備がそろい、国内外から招いた先生方に直接指導いただき、本物に触れる感動と出会えます。近隣の岡山大学や岡山理科大学との連携、先端研究所での研修、持続可能な社会について学ぶユネスコスクールの活動等、一高だからこそ可能な教育の機会をしっかり生かしてください。

 中学生、保護者、同窓生、地域の皆様方の期待に一層応えられるように本校の教育活動をホームページで発信します。
 本年度も引き続き、岡山一宮高等学校を応援してくださいますよう、よろしくお願いいたします。


      平成30年4月1日
      岡山一宮高等学校校長  赤 木  


トップページに戻る